米谷政勝アドバイザーのブログリスト

 知的財産よりも広い概念である知的資産への関連性をもたせながら、自身の経験談や仕入れた情報からまとめた雑感を発信します。


発明と事業化

 多くの技術開発、特許に関して、その主体者が、技術的なレベルの高さ、商品化に対する主観的な思いこみにより、事業化あるいは特許の経済的な価値評価に困難さを感じている例をみることがある。

 

 このことに関し、欧州の事例ではあるが、参考になるレポートがあるので、紹介したい。


 価値創造をキャッシュに変える5つの方法

 

価値創造と価値獲得を両立する 

IMD教授 ステファン・ミシェル 

 「イノベーションには価値獲得が不可欠である」

  Harvard Business Review 2015年6月号 p.96-p.97

  高橋 由香理 訳 (引用は一部省略しています。)


 スイスに拠点を置くベスターガードーフランドセンは、ストロー型の超軽量浄水器「ライフストロー」の発売を通じて、イノベーションを生み出せることを実証した。ライフストローは、汚染水からバクテリアを九九・九九九九九%、寄生虫を九九・九%除去できるため、救援物資として支援団体に重宝されている。過去一〇年あまり、災害時支援で必ずといってよいほど配布されてきた。

 だが、飲料水の問題を抱えている地域は被災地に限らない。全世界で七億八〇〇〇万もの人々が、日常生活で安全な水を利用できないからだ。ペスターガードは、同社の顧客基盤であるNGO(非政府組織)よりもはるかに大きな潜在市場を見出し、製品開発とは異なる方法でもイノベーションを創出してみせたのである。

 ベスターガードが乗り越えなければならなかった課題は、ライフストローの価格だった。そこで同社は、一般世帯がこの製品を入手できるためカーボンーオフセットークレジット活用した。

 ライフストローを使えば、汚水を煮沸するために石油や木材を燃やす必要がないので、C02の削減実績で資金が調達できるのだ。これら二種類のイノベーション、すなわち価値創造型のイノベーションと価値獲得のイノベーションはどちらも重要だ。ところが、ほとんどの企業は前者だけに注目している。既存のアプローチで新製品を大量に販売できるなら、価値獲得の方法を考えなくてもよいかもしれない。しかし、価値獲得をなおざりにすれば、本来得られるはずの収益は、たいてい絵に描いた餅で終わってしまう。またビジネスを窮地から救うためには、価値を獲得する方法を見出すしかないこともある。 

続きを読む

国際的な商標問題に気をつけたい!

 先日、jetro主催の「中小企業のための模倣品対策セミナー」があり、参加した。

 そのプログラムの最終部分で、jetroの知的財産アドバイザーより、模倣品対策と共に商標に関するかなり具体的な事例紹介とリスク管理についての示唆がなされた。

 模倣品については、中国生産→ヨーロッパ販売、商標の登録国などについても言及があり、参加者からは、「どの国まで商標登録をすればいいのか判断がつかない」といった発言も出て来た。

 ご承知のように商標登録は、国単位での登録であり、この間に問題になってきた中国での対策は、いかに早く登録するかの方向の話が多かった。

 しかし、国際化すると、どこの国で、誰が商標登録をするか解らない。

 このような問題に関連する話題として、筆者が知る某企業(仮にX社とする。)から聞いた本当の話を紹介したい。


続きを読む

「思考法」にめぐらす

 少し時間が経ってしまったが、筆者のスクラップから紹介したい。

 

 6月2日付け日本経済新聞夕刊の「明日への話題」というコラム欄に、宇宙飛行士の山崎直子氏が「理系・文系」という纏めでいくつかの面白いことを書いている。

 全体は、理系に進む女性の少なさの問題から出発しているが、所々、それとは関連しない示唆が面白い。

 「同じ理系でも、対象を観察して原理を探求する『科学』と、科学の知識を用いて目的を実現するための手法やシステムを作る『工学』とは思考が異なる。」と述べ、その思考法を理系・文系という分け方ではなく、思考法別に整理してみることの提案を行っている。

 筆者は、文化系の出身だが、プラントメーカーに入社し、発電機器を製造する工場に配属され、長く勤務した。

 

 その工場には、その分野では世界に通用する優秀な技術者が多く働いていた。

 文化系の人間からすれば、優秀な技術者というとノーベル物理学賞を受けたような学者を思う。ところが、この工場での世界的なレベルの技術者の思考法は、少し違うと感じたことがある。

 前提条件として、与えられるモノがあり、それに疑問を挟まない。

 また、ものすごい精密な計算をして設計値を出した後に、簡単に余裕率を、経験則として織り込む。相似設計を繰り返し、大型化して、トラブルが起こると、この余裕率を超えた結果というような説明が出てくる。

 良く解らないでいると、ある優秀な役員にもなった事務系の上司からは、「機械工学というのは、多分に経験工学と言っていい点がある」と言われ、少し合点がいった。

  工学を選んだ人のある傾向に気がついて、面白く思ったことがある。 

  それは、読書傾向である。

続きを読む

台湾に残る戦前の産業資産

 前回の続きを書こうと思っていた矢先、急に台湾に打合せのため出張することなり、台南から高雄に移動の途中、旗山という街に立ち寄り、日本の戦前の産業史に触れたのでこれについて書いてみます。   米谷 政勝


 日本統治下の台湾製糖業と輸送力増強

台湾・糖鐵故事館(旧旗山駅)
 クリック・タップで拡大表示されます。

 旗山は、現在、台湾高雄市の直轄区。

 写真は、日本統治時代に作られた旗山駅。

 製糖業の中心地区に建設された駅で、この建物を使い「糖鐵故事館」として展示館となっています。

 

 同館のホームページでは以下の通り説明しています。

続きを読む

シーズ・ニーズ・マッチングについて(1)

 知財アシストのメンバーの一員になり、優秀な技術者の中で、事務屋の自分に何が出来るか、少し悩みつつ動いてきた。

 近年、「オープン・イノベーション」という言葉と施策が提唱され、日本でも、大阪ガスなどの先行事例が紹介されている。

 筆者は、この概念が良く理解できず、セミナーなどで勉強をしてきたが、残念ながら、未だもって、自信のある理解には至っていない。

 これは、多分、小生の活動が中小企業支援を中心にしていることに起因していると思われる。

 なぜ、日本を代表するあるいは、欧米の世界的な企業がその技術的なソースを外部に求めざるを得ないのか?

 それは、1企業の研究投資額に限界が出て来ているためなのか?

 そのアウト・ソーシングは、中小企業に求めうるものなのか?

 中小企業に求めた際に、大企業側の倫理観、道徳観は維持されるのであろうか?

そんなことをを思いつつ、

イノベーションについての書籍を捜しに図書館に行った。

そこでたまたま「小さなイノベーション」という特集を組んだ雑誌に出会った。

その雑誌の中の1論文「集団で考えると正しい答えは導かれるのか」

に組織・集団が必ずしもイノベーションを促進するモノではないという主張が載っていた。

一部、引用したい。

続きを読む
知財よろず相談 ご案内ページへ
助っ人知財部 ご案内ページへ
パテントわっとへ

知財アシスト

CHIZAI ASSIST Inc. All Rights Reserved