知財アシストの事業理念

 特許をとりました!!

 

  という声はよく聞きますが、どのような技術に関して特許を受けたのか・・・というお話をして下さる方は、そう多くはおられません。

 

 それは、以下の2つの理由のうちのいずれか、または両方の理由によるのではないかと思われます。

 

(1) 開発した技術・製品と特許を受けた発明との関係を、特許権者自身がよく理解できていない。

    つまり、自身が取得した財産がどのようなものかがわからないということ

 

(2) 技術内容を部外者が理解できるように説明するスキルがない、

  または説明しても理解してもらえないと思っている。 

 

 しかし、 中小企業、ベンチャー企業の場合、特許申請の対象とする技術の殆どが事業に密接に関係するはずです。 事業を成功させるには、その大事な財産をしっかり保護し、自社の強みはどのようなものか、その強みにより世の中にどのような貢献ができるのかを、外部の人々にアピールし、認めてもらうことが不可欠です。

 

 また、単に漫然と特許権などの知的財産権を取得しても、それが果たしてビジネスに役立つ財産となるかと、疑問を感じることがあります。実際、知的財産に関する知識が不足した状態で特許事務所(弁理士)にスポット的に依頼をしてしまった結果、互いのコミュニケーション不足や理解不足から、不完全な内容のまま出願をして権利化に失敗したり、権利を取得できても事業を十分に保護できていない権利範囲が設定されているケースを見聞きしています。

 

 競合他社の知財に抵触するおそれはないか、 エンドユーザはなにを求めているのか、といった重要事の検討が不十分なまま開発が進められているケースもかなりあるように思われます。

 

 特許に関することだけではありません。秘密にしておく必要があることを不用意に公開してしまったり、大事な社名や商品名を何の保護もせずに、または保護が不十分な状態で使用しておられるケースも非常に多い・・・と感じています。 

  • このような不幸なことを少しでも減らし、お客様に真に活用できる知的財産をお持ちいただき、活用していただくこと。
  • 知的財産の専門部署をお持ちでないお客様でも、知財の保護や活用のための活動ができるようにサポートすること。
  • 敷居や目線の高さを感じさせることなく、気軽にお声をかけていただける身近な存在となること。

これが弊社・株式会社知財アシストが掲げる理念(目標)です。

 

とてもちっぽけな会社ですが、

責任感をもって、サービスをご提供いたします。

 

株式会社知財アシスト       

代表取締役 小石川 由紀乃


知財よろず相談 ご案内ページへ
助っ人知財部 ご案内ページへ
パテントわっとへ

知財アシスト

CHIZAI ASSIST Inc. All Rights Reserved