デジタル姿見「ミレタ」のご紹介

 誰しも、自分の姿を自分の目で直接に見ることはできず、鏡を必要とします。

 しかし、鏡の正面に身を置いて確認できるのは、顔や胸など身体の前面の部分だけで、背面側を見ることはできません。

 

頭の後ろ側を顔と同じように鏡に映し出し、

まるで他の人を後ろから見ているかのように、

真っすぐの視線で見ることができれば、

いろいろと便利になるだろうなぁ・・・

 

デジタル姿見「ミレタ」の企画は、そんな素朴な着想からスタートしました。


基本の仕組み

 ユーザの姿を映し出すミラーユニット(ディスプレイ装置)と、

 ユーザを撮影するカメラユニットとを、

 無線により通信させ

 カメラユニットで撮影中の画像がリアルタイムにミラーユニットの画面に表示されるようにしています。 

WiFi環境がなくても使えるように、ミラーユニットにアクセスポイントの機能をもたせ、 カメラユニットと一対一で通信させる仕様にすることを想定しています。

 イラストのように、ミラーユニットとカメラユニットとを向かい合わせにして、その間にユーザが入り、ミラーユニットの方を向くことによって、ユーザは、自分の頭の後ろや背中を真っすぐの視線で見ることができるようになります。

 その後は、カメラユニットの位置や向きを自由に変えて、ユーザが見たい箇所を見たい方向から見ることができます。


使用するための仕組み

 ミラーユニットとカメラユニットとの位置合わせを誰でも簡単にできるようにすること、盗撮などの良からぬ目的に利用されにくくすることを目的として、各ユニットが向き合わせられていることが確認できてから画像の表示が開始されるようにしました。

 ミラーユニットを起動させると、画面にQRコードが表示されます。

 カメラユニットも起動させ、図のようにミラーユニットに向き合わせてQRコードの撮影・読取りを行います。

QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

 

 読み取られたコードはミラーユニットに送信されます。

 ミラーユニットでは、受信したコードが表示中のコードに一致するかどうかを照合し、2つのコードが一致すれば、画面をカメラユニットから送られてくる画像の表示に切り替えます。

 (下図をご参照下さい・・・クリック・タップで拡大できます。)

 つまり、ミラーユニットは、自分が表示しているコードに一致するコードがカメラユニットから送られてきたことをもって、カメラユニットが画面に向き合わせられていると判断し、カメラユニットの画像に表示を切り替えるのです。

 簡単な仕組みではありますが、「ありふれた」とは言えないアイデアと考え、特許出願をしております。


商品の形態

 ミラーユニットには、専用の制御装置が必要ですが、ディスプレイは市販のものを自由に選択するできるようにしたい、と考えています。

 たとえば、タブレットサイズのディスプレイによって、主に頭部を映す卓上型のデジタル姿見を提供することができます。

 縦長のサイネージディスプレイを使用することによって、全身を映せるデジタル姿見になります。

 ディスプレイの画面にハーフミラーフィルムを貼ることによって、身体の前面側を映す普通の鏡の状態と身体の背面側や側面側を映す状態とを切り替えることもできます。

 

 カメラユニットは、専用装置とするほか、スマートフォンを利用することもできると考えています。


デジタル姿見はきっと役にたつ !!

 試作段階ではありますが、画像を伝送することにより生じる時間差を僅かな範囲におさめ、実際の動きに画面を違和感なく追随させることに成功しました。

 テスト使用でも、これまでわからなかった頭部の後ろ側の状態が明瞭に表れた画面を見ながら頭髪の手入れをすることができました。

 これならば、白髪や薄毛が気になる中高年は言うまでもなく、ヘアスタイルに気を配る若い世代にも、大いに歓迎される思います。

 全身を映せるようにすれば、お出かけ前の服装のチェックを盤石にすることができます。

 トレーニング中の背部の筋肉の動きや姿勢の確認などにも利用できる可能性があります。

 アパレルショップの試着室、美容室、ホテル、結婚式場などでも、顧客サービスの向上に貢献できると思われます。


知的財産について

 デジタル姿見」「ミレタ」について、弊社・知財アシストの名義での商標登録が完了しています

商標登録第6227248号,第6227249号、第6331147号

 ミラーユニットの画面にカメラユニットを向き合わせたことを確認してからカメラ画像の表示を開始する・・というアイデアを、特許出願により保護してしています。 

 


デジタル姿見に関心を持たれた企業様へ

 デジタル姿見ミレタ」は、弊社・知財アシストが、自前の知的財産をもって中小企業の事業活動をアシストしようという趣旨で行っている”知財でアシスト事業”の成果物です。

 この成果物を活用して新事業や新商品を企画することを希望される企業様には、試作品をお見せしてご説明を差し上げますので、是非、弊社までご連絡下さい。